痩せるお茶の注意点を知って安全にダイエットしよう!

世の中には市販されているお茶がたくさんあり多くの人が利用していますが、痩せるお茶を利用するときに注意すべきこともあります。

 

一番気を付けたいのが、お腹の調子が悪くなる…下痢になってしまう場合があることです。
もちろんどんなお茶でも(お茶に限らずどんな飲み物でも)飲み過ぎればそうなることもありますが、痩せるお茶の場合は、商品によっては便秘解消に効果がある成分が他のお茶より多かったり強かったりすることもあるのが原因です。中には下剤成分が含まれるものもあります。
代表的なものだとキャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル、ハネセンナ、カッシア・アラタなど別名で表記されている場合もあり)などは便秘に効果のあるお茶によく使われていますが、刺激系の効果が強い下剤成分センノシドが含まれています。他、センナ、大黄、アロエなども似たような効果があるそうです。
便秘に悩んでいる人ならスッキリさせる効果が大きければ悩みが解消されて嬉しいことこの上ないかもしれませんが、特に問題のない人やお腹が弱い人は困りますよね。
基本的にはお茶の一日の目安を守って飲めば大変なことにはならないはずですし、気になる人はそういった成分が含まれていないお茶を選べば問題は回避できるはずです。

 

ですが、人それぞれ体質によって合うもの合わないものというのはあります。
痩せるお茶は色々な材料が使われてるものも多く、「特に下剤成分は入っていないはずだし多くの人がおすすめしている人気のお茶だけど、自分には合わないのか、なんだかお腹の調子がおかしい…」ということも無いとは言えません。
もちろんお腹以外にも体調不良が起きる可能性はあります。
アレルギーがある人は原材料に注意して購入するのはもちろんですが、お茶には普段あまり見かけないようなものが使われていることもありますから、お茶を飲み始めてから不調を感じたら気を付けましょう。

 

お茶なので「自然由来だから安心!」とか、「薬とは違うから体に優しい」と思いがちですが、だからといって100%安全というわけでもありません。
植物に含まれる成分が思わぬ作用をすることもあります。
もちろん、こういった材料も昔から利用されてきた歴史があるものも多いので悪影響ばかりがあるわけではないのですが、体質に合わないものは仕方ないわけです。
単に味が好みでないなら買った分は我慢して飲むというのもアリですが、体に異常があるのに我慢して飲むというのは危ないですから止めておきましょう。
ダイエットをサポートする痩せるお茶は、自分に合った安全なものを使ってください。

 

飲み過ぎには注意

痩せるお茶にはダイエットに有用な成分が含まれますが、良いものだからたくさん飲めばもっと効果が出る、というものでもありません。何事も程々が一番です。
水分を摂りすぎるとむくみなどの原因にもなります。
刺激の強い成分などが入っていなければがぶ飲みしてもいいというわけでもなく、むしろ飲み過ぎることで副作用が発生する恐れもあります。
ダイエットを考えている人だと特に飲み過ぎになりがちなので、気を付けましょう。

具体的な副作用

たとえばお茶に入っている“ポリフェノール”は「体に良さそう」というイメージを持っている人が多いと思いますが、飲み過ぎることで問題が起きることもあります。
ポリフェノールは便秘に効果があると言われますが、過剰摂取すると逆に便秘になるというんです。
ポリフェノールの一種“カテキン”は抗菌、抗酸化作用、血中コレステロールの低下、高血圧予防など様々な作用があり、高濃度茶カテキンは有効成分として特定保健用食品に使われたりサプリメントになったりしていますが、摂取しすぎると肝臓障害を引き起こすという報告もあります。

 

また、お茶ですからノンカフェインという場合を除いてカフェインが入っていると考えられます。
カフェインには興奮作用があり覚せい作用や利尿作用など色々な効果があることが知られていて、眠気覚ましや集中力アップのために飲む人もいますが、副作用として不眠やめまいがあります。寝る前にカフェインが入ったものを飲むと寝れなくなってしまうのは大きな注意点です。妊娠中や授乳中の人は、赤ちゃんへの影響からカフェインの過剰摂取を避けるように指導もされます。
カフェインを500rとると中毒症状を起こすこともあるといいますから、やはり飲み過ぎは良くありません。
こういった情報からカフェインに悪いイメージを持ち、避けている人もいるくらいです。
ですが、適量なら集中力を高めたり脂肪の分解を促進する酵素を活性化するというメリットもあります。こういった効果はぜひダイエットに有効活用したいですから、ほどほどの量を飲むべきです。

 

お茶に含まれるタンニンは鉄分の吸収を妨げるため、貧血の原因になることもあります。摂取の仕方に気を付けましょう。

 

緑茶、ウーロン茶、プーアル茶、紅茶など色々なお茶の原料となる緑茶の茶葉には、生育環境に大きく影響されるもののシュウ酸が含まれています。シュウ酸は結石の原因になる成分です。
結石には他にも色々な原因があるのでお茶だけが問題ではありませんが、やはり飲み過ぎは注意が必要です。

 

ダイエットのための痩せるお茶は毎日続けることになりますから、飲み過ぎで健康を害さないようにしましょう。

 

痩せるお茶の体に優しい飲み方

色々注意点を書いてきましたが、痩せるお茶にはダイエットする上で魅力的な要素がいっぱいあります。
痩せるお茶を飲みたいけれど自分に合うか不安を感じるという人は、体に優しい飲み方からはじめてみましょう。

体に優しい飲み方

お茶の量を少な目から始めてみたり、薄く出して飲んでみるなど、影響が少ないように飲んでみて、問題なさそうなら徐々に増やしていけば飲んでも問題ない量が分かってきます。
もしお茶を飲んでお腹の調子がおかしくなってもいいように、いつでもトイレに行けて安心な休日に試してみるのもいいでしょう。
お茶を飲むときはアイスで飲むよりホットのほうがお腹への刺激が少なくなりますし、温かいほうがお茶の良い効果を出しやすくなり、さらにお腹から温めることで代謝を上げダイエット効果も上げられるという利点があります。ダイエットするなら冷えはあまり良くありません。
また、飲むときは一度に大量に飲んでしまうと体に負担になるので、一日に何回かに分けて飲むようにしてください。

 

商品によって効果的な飲むタイミングもあるので、表記がある場合はそれに従ったほうが効果が上がると思われます。

 

カフェインを含むお茶は眠れなくなったりトイレに行きたくなる影響が出やすいので、寝る前に飲むのは止めておくのが良いでしょう。影響が気になる人や過剰摂取が不安な人は、ノンカフェインやカフェイン少な目の痩せるお茶を選ぶと安心です。

飲む量

人間は一日に1.5〜2リットル水分を摂取する必要がありますが、飲み物以外に食品などからも水分を摂取できるため、一日にそれだけのお茶を飲んでもいいというわけでもありません。
水分の摂りすぎはむくみや体調不良の原因になります。
必要な水の量は人によって違いますが、体重を30で割った値が必要な水のリットル数と言われているので、参考にしてみてください。
また、一日に飲んでもいい量はお茶によって違いますので、商品ごとの目安を確認しましょう。お茶が好きで痩せるお茶に変えてもいっぱい飲みたいという人は、たくさん飲んでも大丈夫なお茶を選ぶのが無難です。

購入方法について

ネットの公式サイトで痩せるお茶を購入する場合、定期購入に申し込んだりまとめ買いをするとお買い得になるという利点がありますが、合わなくて飲み続けられなかった場合には損をしてしまうという欠点になることもあります。
そういったことを不安に思わずに利用するためには、最初に低価格でお試しできるものや、一定期間返品返金を受け付けている“返金保証付き”の商品を購入するのがいいでしょう。

 

過度に期待しすぎない

“痩せるお茶”といいますが、効果に対して過度な期待は禁物です。お茶はあくまでもお茶。痩せる薬ではありませんし、確実に効果が出るというものでもありません。
口コミサイトでも「飲んでも何の効果もない!」と批判するものが混ざっていることがありますが、飲むだけで簡単に効果が出たら誰もダイエットで悩んだりしませんよね。「痩せるお茶を飲んでるから好きに食べても大丈夫♪」なんて考えは持たないでおきましょう。
お茶を宣伝する公式サイトでも、大きく効果をアピールしているところに小さな字で“食事制限もしています”とか“適度な運動をしましょう”とか書いてあることがほとんどです。
極端に我慢する必要はありませんが、それでもカロリーや栄養バランスを気にした食事が必要です。
もしかしたら本当に飲むだけ痩せられた人もいるかもしれませんが、“個人の感想です”とか“効果には個人差があります”となっているように、効果の出かたは人それぞれです。

 

また、痩せるお茶を飲みつつ運動や食事制限でダイエットを心がけていても、そんなにすぐには痩せらないことがほとんどです。
早い人だとひと月くらいで効果が実感できるようになるともいいますが、そういう人はもともと基礎代謝などが高く痩せやすい要素があったと考えられます。
なかなか痩せられなかった人が、お茶を飲み、食事を変え、運動して、だんだん痩せられる状態になっていくことを考えたら、数か月はかかってもおかしくありません。当然、減量したいと思っている体重が大きいほど、時間がかかります。
過度に期待して、ひと月くらいで「大した効果がない!」と投げ出すのは急ぎ過ぎです。

 

効果が出るのに時間がかかるというのは、期待している人からするとイマイチな点かもしれませんし、短気な人には全く向いていないかもしれませんが、健康面などから考えると体への悪影響が少ないダイエットができるという利点があります。
極端な食事制限で一時的に痩せてもリバウンドしたり、痩せても肌がボロボロになっていかにも不健康な見た目になってしまったら失敗ですよね。
お茶には健康や美容にいい成分も含まれていますから、気長に、根気よく飲み続けていくものだと思って利用すれば、いい結果に繋がります。

 

それから、お茶を利用して痩せるなら、ただ宣伝につられて買うだけでなく、そのお茶がどんな効果を期待できるのかなどを調べてから購入しましょう。お茶にも色々種類があり、効果も違います。自分の欲しいダイエット効果に適したお茶なら、成果が出やすくなるでしょう。